ニュース
» 2019年05月02日 09時00分 公開

製造ITニュース:オートモデリング機能によるセルフAIサービスを拡充

日本システムウエアは、IoT向けビッグデータ分析、予測サービス「Toami Analytics」に、業務特化型機械学習プラットフォーム「Impulse」のデータ分析エンジンを活用したセルフAIサービスメニューを追加した。

[MONOist]

 日本システムウエアは2019年4月10日、同社が提供するIoT(モノのインターネット)向けのビッグデータ分析、予測サービス「Toami Analytics」に、セルフAI(人工知能)サービスメニューを追加し、同日より提供を開始した。

photo ビッグデータ分析・予測サービス「Toami Analytics」のオプションイメージ(クリックで拡大) 出典:日本システムウエア

 Toami Analyticsは、AIや統計的手法によるデータ分析とデータ収集から加工、周辺システムへの組み込みまでを提供する。今回、ブレインズテクノロジーの業務特化型機械学習プラットフォーム「Impulse(インパルス)」のデータ分析エンジンを活用し、オプションメニューとしてセルフAIサービスを追加した。

 Impulseでは異常検知や要因分析といった業務に特化した機械学習により、高度な分析が可能だ。特に、同プラットフォームのオートモデリング機能は、複雑で膨大なデータの特性を自動的に分類する。さらに、標準アルゴリズムを用いたシミュレーションによって最適な分析モデルを導き出すため、専門のデータサイエンティストだけでなく幅広いユーザーが利用可能だ。

 この自動分析機能により、分析モデル生成までの期間短縮が期待できる。また、生成された自動分析モデルを同社のデータサイエンティストが最適化し、ユーザー独自の分析モデルとして提供できる。他に、自動化が困難なデータクレンジングやダッシュボード、ユーザー自身で分析業務を行うためのトレーニングなどのサービスも提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.