ニュース
» 2019年05月09日 15時00分 公開

医療機器ニュース:胸部CT画像が対象のAI技術による解析サービスのトライアルを提供

シーメンスヘルスケアは、画像診断業務に対し、AI技術によって画像解析処理をする胸部CT画像を対象とした「AI画像解析受託サービス」を2019年6月をめどに開始する。トライアルとして期間限定で提供する。

[MONOist]

 シーメンスヘルスケアは2019年4月11日、AI(人工知能)技術により画像解析処理をする胸部CT画像を対象とした「AI画像解析受託サービス」を、同年6月をめどに開始すると発表した。AI技術の市場評価獲得と、クラウドプラットフォームの利活用推進を主な目的に、トライアルとして期間限定で提供する。

 AI画像解析受託サービスでは、深層学習技術「AI-Rad Companion(エーアイ・ラド・コンパニオン)」を用いて開発したAIソフトウェアを使用し、同社が医療機関から受け取った胸部CT画像の「肺結節の検出、測定」「大動脈の直径の測定」などを解析し、レポートを生成・提供する。AI-Rad Companionは、1回の胸部CT撮影で得られる画像から、肺や心臓、大動脈など複数の部位を一度に解析できる。

 サービスの利用には、同社が提供するクラウドサービス「teamplay(チームプレイ)」の接続環境下であること、teamplay上で画像共有をするアプリケーション「teamplay Image(チームプレイ・イメージ)」の利用が必要だ。

 胸部CT画像を医療機関の担当者がteamplay Imageに送信すると、teamplay Image上で画像を受領した同社エンジニアがAI-Rad Companionを用いて解析処理し、受託元の医療機関にAI-Rad Companionによる解析レポートを送付する。

 解析レポートには、肺における肺気腫率(LAA%)の計測、肺結節の検出と大きさの計測、心体積の計測、冠動脈の石灰化検出および石灰化の定量化、大動脈直径の計測などが含まれる。

 なお、試用した医療機関から得たフィードバックは、AI技術の高度化を通して医療サービスの向上に役立てられる。

photo 「AI画像解析受託サービス」の流れ(クリックで拡大) 出典:シーメンスヘルスケア
photo 「AI画像解析受託サービス」のイメージ(クリックで拡大) 出典:シーメンスヘルスケア
photo 肺気腫率の計測(クリックで拡大) 出典:シーメンスヘルスケア

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.