ニュース
» 2019年05月13日 09時00分 公開

製造ITニュース:ブロックチェーンは幻滅期に移行、一方で将来への期待感は高水準

ガートナー ジャパンは、国内企業のブロックチェーンに関する意識調査結果を発表した。ブロックチェーンを理解している経営層は16.7%と減少したが、企業の65%がブロックチェーンの将来に大きな期待を寄せていることが分かった。

[MONOist]

 ガートナー ジャパンは2019年4月11日、国内企業のブロックチェーンに関する意識調査結果を発表した。ビジネス向けブロックチェーンは現在、「過度な期待」から幻滅期に入りつつあるものの、将来への期待値は極めて高いという。

photo ブロックチェーンは「過度な期待」のピーク期から幻滅期へ(クリックで拡大) 出典:ガートナー ジャパン

 ブロックチェーンは社会を変える可能性のあるテクノロジ−として期待されている。しかし、ビジネス向けブロックチェーンの取り組みは当初の期待ほど進んでおらず、現在は「過度な期待」のピーク期を越え、幻滅期へと入りつつある。

 今回の調査ではブロックチェーンを理解している経営層の割合が16.7%で、2018年2月の27.8%から大きく減少していた。これは、変化するブロックチェーン技術の動きに経営層が追い付けずにいることを意味する。ブロックチェーンを担当するリーダーやチームは技術の正確な理解に努めつつ、経営層に対してはビジネス上の影響と将来への期待など分かりやすい説明をする必要があるとしている。

 一方で、65%の企業がブロックチェーンの将来に多大な期待を寄せていることも判明。回答者の多くが、「ブロックチェーンはいずれインターネットの出現に匹敵するインパクトをもたらす」「UberやAirbnbが市場を席巻したようにビジネスを変革する」と見ている。これは今後ブロックチェーンが信頼性のある取引が可能なネットワークをインターネット上で形成し、自律的に動作するサービスが世界中に拡大する可能性を示唆している。

photo 今後10年間にブロックチェーンが社会やビジネスに与える影響(クリックで拡大) 出典:ガートナー ジャパン

 同調査は日本におけるITニーズや課題を分析するため、日本国内の従業員数500人以上の企業を対象として、2019年2月に実施した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.