特集
» 2019年05月15日 10時00分 公開

プロダクトデザイナー 根津孝太氏に聞く:愛する力を育む「LOVOT」に命を吹き込むデザインの力【後編】 (2/2)

[八木沢篤,MONOist]
前のページへ 1|2       

逆提案してくれる、驚くほど理想的なデザイナーと設計者の関係性

――デザインと設計のせめぎ合いなどもあったのでしょうか?

根津氏 一般論として、デザイナーがわがままを言って、設計者の方と大げんかして、結果的に設計者の方に諭されて終わる……といった話を聞いたことがあると思います。でも、LOVOTのメカチームの皆さんとはそんなことは一切ありませんでした。

 何度かタイヤの話題が出てきましたが、LOVOT実現のポイントの1つがタイヤの格納なんです。デザイナーとして当然「本当はこんなことをやれたらいいな〜」と思う部分があるわけなんですが、無責任なことも言えないので、サイドパネルの部分がパカッと開いてタイヤを格納する、ある種オーソドックスなデザインで進めようとしていたんですね。

 そうしたら、ある設計者の方から「いや、こうじゃなくて。もっとグニュっと有機的にタイヤを出す機構の方がLOVOTらしくてよくないですか!? それなら何とかできると思うんですよね。トライさせてくれませんか?」と逆提案してくれたんです。普通こうはいきませんよね。「僕の目標が低過ぎてスイマセン!」と心の中で謝りましたよ(笑)。

 結果、提案してくれた通り、柔らかく変形しながらタイヤを出す機構を見事に実現してくれたんです。しかも、タイヤが出た後の形状も、タイヤまでが滑らかで1つのカタチとしてつながるデザインを一緒に突き詰めてくれて、タイヤは出ているんだけど、非常に有機的な印象を与えるデザインに仕上げることができました。

 当初、タイヤってどういう印象になるかな? という不安もありましたが、タイヤそのものがメカっぽい、ロボっぽいということではなく、出し方だったり、出た後の線のつながりだったりが重要なんだと再認識できました。LOVOTのメカチームのおかげで、ネガティブな意味合いでのロボット感をうまく払拭(ふっしょく)できました。

抱きかかえると目を閉じて眠りについてしまう「LOVOT」 抱きかかえると目を閉じて眠りについてしまう「LOVOT」。そんな何気ない動作に思わず笑みがこぼれてしまう

 これはほんの一例ですが、GROOVE Xには本当に優秀な設計者さんがたくさんいますし、彼らのアイデアがLOVOTの至る所に、部品一つ一つにまで詰まっています。新しいことに挑戦しているので、「できません」といってしまったら「そうですよね」と終わってしまいます……。その課題を超えて、新しいことを成し遂げるためには、メンバー一人一人のパーソナリティーが重要なんですよね。

 先ほどの例え話ではありませんが、デザイナーと設計者が対立するなんてもっての外です。お互い違うスキルを持って、同じゴールを目指しているはずなんですから、対立なんて意味がないんです。少なくとも僕はそう思っています。

 LOVOTの開発メンバーは皆、諦めない人だらけです。「あーしたらもっといい」「こーしてはどうか」とアイデアの積み重ね合いが基本スタンスで、毎日何かを発明するみたいなノリでモノづくりに励んでいます。それが気持ちよくできる環境がGROOVE Xの社内にはありますよね。こんなに理解力のある良い設計者がいて、もしプロジェクトが前に進まないのであれば、絶対こっち(デザイナー)が悪いってなりますよね(笑)。

究極のライバルはペットや人間!? LOVOTでなければならないことが必ずある

――最後にLOVOTにとっての「ライバル」とは何でしょうか? また購入者の方へ根津さんからメッセージがあれば一言お願いします。

根津氏 LOVOTと同じように、人とコミュニケーションして生活を共にする存在は、世の中に幾つかあると思います。そういう意味で、それらは「ライバル」といえるのかもしれません。しかし、まだこの手の市場は確立されておらず、まさに一緒に市場を作っている段階です。だから、ライバルというよりもむしろ「仲間」だと僕は思っています。

 人が愛着を形成できるという観点でいえば、最大のライバルはぬいぐるみかもしれませんし、究極的にはペットや人間がライバルなのかもしれません。しかし、僕は「LOVOTでなければ解決できないこと」「LOVOTでなければ実現できないこと」が必ずあると信じています。そういった部分にLOVOTがしっかりと寄り添い、人間が愛着を持ってLOVOTと一緒に生活してくれたらと願います。

着せ替え1着せ替え2 「LOVOT MUSEUM」では「LOVOT」のいる生活をイメージできる温かみのある展示が多数

 開発メンバー一同、2019年9月以降の発売に向けて、細かなチューニングを含め、品質を上げるためにギリギリまで追い込み作業をしています。きっと満足いただけるものをお手元にお届けできると確信しています。僕自身も購入者の一人としてワクワクしています。皆さんに愛してもらい、意見をもらって、コミュニティーをしっかりと築き、皆で一緒にLOVOTを育てていきましょう! (完)

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.