ニュース
» 2019年05月15日 08時00分 公開

車載ソフトウェア:自動運転ソフトウェア開発を促進する、ROSノードサンプルをGitHubで公開

ネクスティ エレクトロニクスは、自動運転基本ソフトウェア「Autoware」と接続可能な「MATLAB/Simulink」のROSノードサンプルを埼玉大学と共同開発した。オープンソースとして、ソフトウェア開発プラットフォーム「GitHub」で公開した。

[MONOist]

 ネクスティ エレクトロニクスは2019年4月16日、自動運転基本ソフトウェア「Autoware」と接続可能な「MATLAB/Simulink」のROS(Robot Operating System)ノードサンプルを埼玉大学と共同開発したと発表した。オープンソースとして、ソフトウェア開発プラットフォーム「GitHub」で公開した。

 今回公開したサンプルは、MATLAB/Simulinkのオプション製品「Robotics System Toolbox」のROSノードとのインタフェースを活用し、Autowareとの連携が可能。また、Linuxに加え、Windows上でもソフトウェア開発や動作確認ができる。自動運転アルゴリズム開発時のレファレンスソフトウェアとして利用可能で、自動運転ソフトウェア開発のコストと時間削減が期待できる。

photo 「Autoware」と「MATLAB/Simulink」の連携イメージ(クリックで拡大) 出典:ネクスティ エレクトロニクス

 また、MATLAB/Simulinkの豊富なツール群を利用すれば、効率的なソフトウェアの検証も可能だ。例えば、同サンプルを実装したSimulinkモデルと外界環境シミュレーターを連携させれば、実際の検証が難しい事故シーンなども再現できる。

 オープンソース化により、企業や大学などとの連携も見込める。これにより、自動運転におけるエコシステム開発の促進だけでなく、新たなサービスや製品の創出が期待される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.