ニュース
» 2019年05月16日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:遠隔地からでもデータ管理が可能、次世代LPWA規格ZETA対応IoTデバイス

凸版印刷は、次世代のLPWA規格「ZETA」対応のIoTデバイス開発で、ACCESSと協業する。GPSを利用して位置情報を監視する「GPSトラッカー(ZETA版)」、カメラによる位置情報からAI解析する「IoTカメラ(ZETA版)」を今夏より提供開始する。

[MONOist]
photo 「GPSトラッカー(ZETA版)」 出典:凸版印刷

 凸版印刷は2019年4月18日、次世代のLPWA(Low Power Wide Area)ネットワーク規格「ZETA」対応のIoT(モノのインターネット)デバイス開発で、ACCESSと協業すると発表した。GPSを利用して位置情報を監視する「GPSトラッカー(ZETA版)」、カメラによる位置情報からAI(人工知能)解析する「IoTカメラ(ZETA版)」を同年夏から提供開始する。

 ZETAは、イギリスのZiFiSense Info Techが開発した規格で、低電力とマルチホップ無線通信を特長とする。通信設備は不要で、電池駆動の中継器(Mote)を活用し、920MHz帯でメッシュネットワークを構築する。通信距離は約2k〜10kmのため、広範なエリアをカバーできる。

photo 「IoTカメラ(ZETA版)」 出典:凸版印刷

 凸版印刷では、ZETA向け通信モジュール「TZM901」シリーズを開発。2kHzの超狭帯域を使用し、混信に強い。従来製品に比べて約40%小型化しており、ACCESS製IoTデバイスへの搭載が可能になった。

 今回の協業でACCESSが発表したZETA対応のIoTデバイス2種は、ZETA網を介して、遠隔地からでも位置情報やデータの管理と把握を可能にする。

 ZETA版GPSトラッカーは、必要な時にスマートフォンやインターネットからのダウンリンク指示によってGPSが起動するため、消費電力を低く抑えることができる。加速度センサーや気圧センサーの情報から、環境の変化をトリガーにしてGPSを起動することも可能だ。本体サイズは60×60×17mmで、0〜35℃の温度範囲で動作する。

 ZETA版IoTカメラは、64×64画素の低解像度CMOS赤外線カメラによる画像データを、内蔵の「NetFront EdgeAI」で画像認識処理してからサーバへアップする。必要最低限のデータのみをサーバへアップするため、通信量とサーバ負荷を低減できる。本体サイズは、90×60×25mmとなっている。

 これらのZETA対応IoT製品により、ZETA網を活用して、3G/LTE網がカバーできない山間部の畜産、害獣対策、インフラモニタリング、防災対策など、高付加価値なIoTサービス創出につながるとしている。

photo 山間部でのZETA網活用イメージ(クリックで拡大) 出典:凸版印刷

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.