ニュース
» 2019年05月17日 14時00分 公開

ロボット開発ニュース:自動追従の電動車いすが成田空港で検証、高齢者の乗り継ぎ不安を解消へ

全日本空輸(ANA)とパナソニックは2019年5月16日、前方の車いすに自動で追従する電動車いすの実証実験を成田空港で行った。航空便を乗り継ぐ高齢者など、移動に不安を持つ乗客の利便性向上と空港地上係員の負担軽減を狙う。

[松本貴志,MONOist]

 全日本空輸(ANA)とパナソニックは2019年5月16日、前方の車いすに自動で追従する電動車いすの実証実験を成田空港で行った。航空便を乗り継ぐ高齢者など、移動に不安を持つ旅客の利便性向上と空港スタッフの負担軽減を狙う。

 政府のインバウンド事業推進による訪日外国人増加などにより、国内空港の利用者数は年々増加している。成田空港では2018年の航空機発着回数が25万5000回を超え、空港を利用する旅客数は4260万人にも達する。このように多くの旅客が利用する空港施設は、特にバリアフリーやアクセシビリティーに配慮した設計やサービスを提供することが求められる。

ANAの鈴木謙次氏

 そのような状況で、「成田空港で車いすの利用を希望する旅客が増加傾向にある」とANAで企画室 イノベーション・KAIZEN部 担当部長を務める鈴木謙次氏は指摘。「われわれは成田空港をアジアと北米をつなぐハブ空港としてダイヤ設計を行っており、乗り継ぎを希望する旅客が多い。ベトナムから成田空港を経由して北米に向かう乗り継ぎでは、多い場合で1便あたり30人のお客さまが車いすの利用を希望する」(鈴木氏)として、空港内における車いす利用のニーズが高まっていることを紹介した。

 実証実験は2019年1月に続いて今回が2回目で、ANA社員などが参加して安全性や快適性、サービス品質や運用性を評価する。先頭の電動車いすを空港スタッフがジョイスティックコントローラーで操作し、その車いすに後続の電動車いすが自動で追従走行する。

検証を行う電動車いす(クリックで拡大)

 検証を行う電動車いすは、パナソニックと電動車いすベンチャーのWHILLが共同開発した。最大搭乗重量は100kgで座席後部には最大10kgの手荷物を置くことができる。最高速度は時速4kmで、取り外し可能なバッテリーを満充電した場合には10km程度の走行が可能だという。

 車いすの前輪上部にはレーザーレンジファインダーが設置され、前方車両の反射板の位置を計測することによる追従走行する。また、このレーザーレンジファインダーは車いす周囲の障害物検知も担っており、人や障害物と接触が予想される場合には車いすが自動で停止する。車列を組む車いすは車両間で無線通信を行っており、停止情報は全車両で共有される。また、車いす操作用としてタブレット端末が設置されており、端末を通じてグランドスタッフに停止を求めることやエンターテイメント機能などが利用できるとする。

 今回の実証実験では3台の追従走行としているが、技術的には最大10台で車列を構成できるという。今後、把握した課題を踏まえて改善を施し、実際の旅客をモニターとする実証実験を2019年度内に行う方針だ。鈴木氏は「飛行機を利用する全てのお客さまの利便性を高めることを目的として、空港における車いすのご案内について新しいサービスを検証する」と実証の意義を語っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.