ニュース
» 2019年05月20日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:ROSロボット開発者向け開発管理環境ユーティリティーを公開

インテックは、ロボット開発者向け開発管理環境ユーティリティー「RDBOX」をオープンソースとして「GitHub」で公開した。ROSロボット開発者のITスキルを補完し、ロボット開発の効率化を支援する。

[MONOist]

 インテックは2019年4月23日、ロボット開発者向けの開発・管理環境ユーティリティー「RDBOX(アールディーボックス)」を、オープンソースとしてソフトウェア開発プラットフォーム「GitHub」で公開すると発表した。

 RDBOXは、同社が2018年9月より評価版アカウントの無償提供を開始したロボット開発者向けのユーティリティー。ロボット側のエッジ機能とクラウド側の管理運用機能で構成される。コンテナ化したアプリケーションを管理する「Kubernetes」と、コンテナ型仮想環境「Docker」を利用し、ロボット開発の効率化を促進する。

photo ロボット開発者向け開発管理環境ユーティリティー「RDBOX」が構築するネットワークイメージ(クリックで拡大) 出典:インテック

 インターネットとサービスロボットの間に、RDBOXをインストールした機器を設置すると、ROS(Robot Operating System)ロボットに最適化したKubernetesクラスタとWi-Fiネットワークを自動で構築する。既存のネットワークと分離したROSロボット専用のネットワークを構築し、VPNによる接続とクラウド管理画面に限定することで、サイバー攻撃から保護する。現在はAWS(Amazon Web Services)とオンプレミス環境をサポートする。

 また、DockerやKubernetesの活用により、ローリングアップデートやロールバックなどの自動配信と自動運用に対応する。

 同社は、RDBOXを提供することで、ROSロボット開発者のITスキルを補完し、ロボットの新しい利用形態や新サービスの創造を支援したいとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.