ニュース
» 2019年05月23日 09時00分 公開

製造ITニュース:NEC、ネットワーク技術の強みを生かした新事業を提供

NECは、新事業ブランド「NEC Smart Connectivity」のもと、カスタムメイド型のコネクティビティサービスなど、ネットワークの強みを生かした新たなサービスを提供する。

[MONOist]

 NECは2019年4月24日、新事業ブランド「NEC Smart Connectivity」のもと、ネットワークの強みを生かした新たなサービスを提供すると発表した。NEC Smart Connectivity関連事業で、2021年度に売上高1000億円を目指す。

 NEC Smart Connectivityは、「必要な人、物に、必要な情報をつなぐ」をコンセプトとしたNECの新事業ブランド。同社のネットワーク技術やソリューションの知見、実績などの強みを生かし、これまでの常識を超えたネットワーク活用やデータのつながりを生み出そうとするものだ。同社は、NEC Smart Connectivityに関して以下のようなサービス、施策の実行を計画している。

 まず、大規模でセキュアな専用の無線ネットワークを構築するカスタムメイド型のコネクティビティサービスを提供する。また、ユーザーの用途に応じて有線、LPWA、LTE、5Gなどから最適なものを組み合わせ、コンサルティングから導入、運用までをトータルで請け負う通信網構築サービスの他、生体認証、IDやデータの連携、ブロックチェーンなどの技術を組み合わせたサービス基盤の提供も行う。

 また、同社内の企業、自治体向けネットワーク要員と通信事業者向けネットワーク要員をNEC Smart Connectivity事業要員として500名体制に集約するなど、事業推進体制を強化する。

 2019年夏には同社玉川事業場内に「NEC Smart Connectivity Lab」を開設。顧客企業にサービスを実感してもらい、アイデアを共創してソリューションを試作する空間とする。また、異業種の企業がサービス共創に取り組む場として2018年に立ち上げた「5G Co-Creation Working」を活用し、オープンイノベーションでビジネスを加速する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.