ニュース
» 2019年05月24日 14時00分 公開

組み込み開発ニュース:Bluetoothを2基搭載、コンセントに直接挿せるIoTゲートウェイを発表

CYBERDYNE Omni Networksは、IoTゲートウェイ「UM-125」を発表した。Bluetoothを2基搭載し、コンセントと一体化しているのが特徴だ。従来品から機能を絞り、性能と安定性を維持したまま低価格化を図った。

[MONOist]

 CYBERDYNE Omni Networksは2019年4月26日、IoT(モノのインターネット)ゲートウェイ「UM-125」を発表した。Bluetoothを2基搭載し、コンセントと一体化しているのが特徴だ。従来品「UM-120」から機能を絞り、性能と安定性を維持したまま低価格化を図った。同年5月より販売開始する。

photo Bluetooth2基搭載IoTゲートウェイ「UM-125」 出典:CYBERDYNE Omni Networks

 UM-125は、標準構成として、Wi-Fi、有線LAN、Bluetoothを搭載したBeaconゲートウェイとしての導入を想定している。Bluetoothには、「TI CC2541」と「TI CC2564」を採用。Beacon端末が送信する電波の受信、一般のBLEデバイスとの双方向通信に対応し、最大8台までの同時通信が可能だ。また、BT Classic(SPPプロファイルのみ)規格に対応し、最大7台まで同時接続できる。

 本体の大きさは120×120×32mm。AC電源を内蔵し、2ピンのACプラグを装備するため、電源コンセントに直接挿して使用できる。

 IEEE 802.11acに対応し、Wi-Fiルーターやアクセスポイントとして利用もできる。最大866Mbpsで通信可能。サーバを接続するバックボーンにはIEEE 802.11b/g/n(2.4GHz)、IEEE 802.11a/n/ac(5GHz)、1000BASE-TXを採用し、管理サーバを用意すれば複数台の管理が可能だ。オプションで、IEEE 802.15.4(Zigbee)にも対応する。

 各種安全規格にも対応し、日本国内向け「TELEC」、EU向け「CE」、アメリカ向け「FCC」認証を取得している。医療、福祉施設をはじめ、幅広い分野での利用を見込む。

photo 「UM-125」の使用イメージ(クリックで拡大) 出典:CYBERDYNE Omni Networks

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.