「つながるクルマ」が変えるモビリティの未来像
連載
» 2019年05月28日 09時30分 公開

エコカー技術:いすゞと日野が開発した国産初のハイブリッド連節バス、そのモノづくり力(前編) (3/4)

[三島一孝,MONOist]

運転の安全性をさまざまな技術で確保

 連節化により、長くなる車体に対し、1人で安全の確保を行わなくてはならなくなるため、各種ミラーに加えて、カメラとモニターも用意。左右の側方確認カメラとともに、後方用のカメラ、後車室用のカメラ、後扉乗客確認用のカメラなどを用意。運転席のモニターで切り替えながら確認することが可能となっている。

photophoto 運転席左側に設置された側方用と後方用のモニター。後方用モニターは用途によって見たい映像を切り替えられる(左)運転席右側に設置された側方用のモニター(右)(クリックで拡大)
photophoto 赤丸部が後車室用のカメラ(左)左右側面に付けられている側方部のカメラ(右)(クリックで拡大)

 また、観光バスなどでは既に採用が進んでいるドライバー異常時対応システム(Emergency Driving Stop System、EDSS)も路線バスでは初めて搭載。ドライバーが体調不良などを起こした際に自ら押す「非常ブレーキスイッチ」の他、ドライバーの様子を見て、乗客が押すことができるスイッチが客室内に用意されている。

photophoto 運転席右に用意された「非常ブレーキスイッチ」(左)と、運転席後ろの客室側に設置された「非常ブレーキスイッチ」(右)(クリックで拡大)

 これらのスイッチを押した場合、3.2秒間の緩やかな減速が行われた後、停止制動がかかり、車両を停止する。停止制動がかかると同時に車内では赤色のフラッシャーランプと音声アナウンスが行われ、乗客の安全を確保する。一方で車外にもストップランプとホーンによる告知を行う。

 「路線バスには立つ乗客がいるので、観光バスのように急に停止させるわけにはいかない。立ち客にとっても安全に停車させるという点がポイントだ」と山口氏は述べている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.