ニュース
» 2019年05月29日 07時00分 公開

FAニュース:車体構造部材の成形に適した無人大型ダイカストマシン用新型射出システム

東芝機械は、大型ダイカストマシン用の新型射出システム「Dual-PCV」を開発した。車体構造部材などの薄肉・大型製品の成形に適しており、監視ソフト「dPAQET2」とともに、無人のダイカスト製造ラインを提案する。

[MONOist]

 東芝機械は2019年5月10日、車体構造部材などの薄肉・大型製品の成形に適した、大型ダイカストマシン用の新型射出システム「Dual-PCV」を開発したと発表した。新開発の監視ソフト「dPAQET2」と併せて、先進自動車の軽量化に伴うニーズの拡大を見据え、無人のダイカスト製造ラインを提案する。

 Dual-PCVは、バルブサイズは従来のままで油圧効率の向上が可能。型締力1250トンの場合、従来機より充填力が25%、実打ち高速加速性能が30%、最高射出速度も15%と大幅に向上した。バルブサイズが同じなため、既設機械への展開も可能だ。

 dPAQET2は、これまで培ってきた、ダイカスト製造ライン集中管理体制構築の機能を踏襲。鋳造条件設定や鋳造品の品質データなど、ダイカスト成形に関わる全てのデータを一元管理し、関連づけできるため、人手に頼りノウハウの蓄積が難しかった領域の可視化に成功した。

photo 大型ダイカストマシン用の新型射出システム「Dual-PCV」のイメージ 出典:東芝機械

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.