ニュース
» 2019年05月30日 07時00分 公開

FAニュース:ファナックがCNCのデザインを一新、独自の制御技術やカスタマイズ機能も搭載

ファナックは、CNC「0i」シリーズの最新モデル「Series 0i-MODEL F Plus」を発表した。デザインを一新するとともに、新たなユーザーインタフェースや独自の制御技術を搭載した。

[MONOist]

 ファナックは2019年5月13日、CNC「0i」シリーズの最新モデル「Series 0i-MODEL F Plus」を発表した。「Series 0i-MODEL F」の後継機種で、基本機能を大幅に強化するとともに、使いやすさを追求。デザインを一新し、新たなユーザーインタフェースや独自の制御技術を搭載した。

 黒を基調にした外観に、見やすく疲れにくいダーク画面を組み合わせ、10.4ユニット、MDIユニット、配色の見直しやアイコンによる階層表示などデザインを一新。独自のユーザーインタフェース「iHMI」を選択でき、各機械メーカー独自のアプリケーションと連携して、プログラミング、シミュレーション、実加工、計測、改善の提案など、一連の作業を効率的に実行できる。

 また、独自の制御技術ファインサーフェステクノロジーやファストサイクルタイムテクノロジーなどを搭載し、高品位加工やサイクルタイムの短縮に貢献する。

 さらに、カスタマイズ機能「FANUC PICTUREエグゼキュータ」「C言語エグゼキュータ」「マクロエグゼキュータ」を標準で搭載。FANUC PICTUREは、画面表現力の強化と制御用スクリプトの新規搭載により、工作機械に適した柔軟な画面作成をサポートする。

photo CNC「Series 0i-MODEL F Plus」(クリックで拡大) 出典:ファナック
photo 最新のファナック制御技術を搭載 出典:ファナック
photo カスタマイズ画面 出典:ファナック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.