ニュース
» 2019年06月03日 09時00分 公開

製造ITニュース:国内第3のプラットフォーム市場、2023年に19兆円を突破

IDC Japanは、国内第3のプラットフォーム市場に関する調査結果と市場予測を発表した。2018年の市場規模は前年比成長率4.1%の14兆8909億円で、2023年には19兆4817億円に達し、2018〜2023年の年間平均成長率は5.5%になると予測する。

[MONOist]

 IDC Japanは2019年5月13日、国内第3のプラットフォーム市場に関する調査結果と市場予測を発表した。2018年の市場規模は、前年比成長率4.1%の14兆8909億円となった。2023年には19兆4817億円に達し、2018〜2023年の年間平均成長率(CAGR)は5.5%になると予測する。

 第3のプラットフォームとは、クラウドコンピューティングやモバイルなどの新しいITサービスを指す。IDCは同市場を消費者、企業、非企業(官公庁、自治体、教育)に分類。消費者市場では、人口減少やスマートフォン買い替え需要の低迷などにより、2018〜2023年のCAGRは0.6%とほぼ横ばいになると見ている。企業向け市場は、クラウドサービスの利用進行やデジタルトランスフォーメーションへの投資などで高水準で成長し、CAGRは9.5%となると予測。非企業市場は、企業市場ほどデジタルトランスフォーメーションへの取り組みやクラウド活用などが進まず、CAGRは7.0%に留まるとしている。

 産業別に見ると、組み立て製造や小売、専門サービスで特に成長すると予測。その背景には、製造業、小売業におけるグローバル規模での競争力の拡大があるとする。また、各業種とも、AI(人工知能)システムやセンシング、拡張現実などの最新テクノロジーを活用した新しいソリューションの増加および市場投入が進み、堅調に成長すると予測している。

 従業員規模別では、1000人以上の大企業でCAGRが10.7%、次いで500〜999人の中堅企業で9.4%、100〜499人規模で8.5%の成長を予測。投資体力やIT人材、分析対象のデータ量などにより、大企業ほど成長率が高くなると見ている。

photo 国内第3のプラットフォーム市場の支出額予測(2018〜2023年) 出典:IDCJapan

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.