ニュース
» 2019年06月05日 13時00分 公開

人工知能ニュース:Watsonが最適なブラジャー選びをお手伝い、サイズ測定は3Dスキャンで

ワコールは2019年5月29日、東急プラザ表参道原宿(東京都渋谷区)において、新開発の接客サービス「3D smart & try(3Dスマート&トライ)」を導入した店舗をオープンすると発表した。同店舗は翌日の5月30日から営業している。3Dスマート&トライは、3Dボディースキャナーで測定した身体のデータや下着に関する悩みなどを基に、膨大な種類の下着のラインアップの中から最適なものをAI(人工知能)が提案するというもの。

[齊藤由希,MONOist]
3Dボディースキャナーでサイズを測定する様子(クリックして拡大)

 ワコールは2019年5月29日、東急プラザ表参道原宿(東京都渋谷区)において、新開発の接客サービス「3D smart & try(3Dスマート&トライ)」を導入した店舗をオープンすると発表した。同店舗は翌日の5月30日から営業している。

 3Dスマート&トライは、3Dボディースキャナーで測定した身体のデータや下着に関する悩みなどを基に、膨大な種類の下着のラインアップの中から最適なものをAI(人工知能)が提案するというもの。下着のサイズに対する女性の理解を深めるとともに、販売チャネルを超えて商品を選択、購入できるようにする。

 3Dボディースキャナーは米国のサイズストリーム製で、SYMBOLがワコール向けにソフトウェアのカスタマイズを実施した。3Dボディースキャナーでは150万カ所に上る点群データを取得しており、この中からワコールのサービスに必要なデータを絞り込んでいる。必要なデータとは、胴体断面の形状、胸部のボリュームや幅、感覚、上半身正面の形状など、下着を選ぶ際に基準となる身体の形状である。

 下着は胸囲の数値だけで身体に合ったものを選ぶのが難しい。胴体断面や胸部の形状に合わせて作り分けられており、自分自身の身体の形状を把握しなければ、最適な下着を選ぶことができない。従来のワコールの接客では、衣服の上から測定したサイズを基に、販売員が幾つかの下着を選び、それを来店客が1つずつ試着していた。試着するたびに身体に合っているかどうかを販売員が確認し、来店客に合った型の下着を見極めていた。

測定は、音声の指示や動画の説明を見ながら1人で行える(左)。測定結果はタブレット端末で確認でき、データとして記録も残る(右)(クリックして拡大)
タブレット端末で自分に合う下着を選び、店舗に在庫がないものもWebストアから購入することができる(クリックして拡大)

 販売員からこうした接客を受けることや試着に時間がかかることにストレスを感じる層に向けて、3Dスマート&トライを開発した。具体的には、IBMのAI「IBM Watson(以下Watson)」が、ワコールのラインアップと、それがどんな身体の形状に向けた製品かを学習。3Dボディースキャナーの計測結果を基に、Watsonがそのデータの身体に合う製品の候補を提示する。下着のつけ心地の悩みなどに合わせて製品を絞り込むこともできる。3Dスキャナーは今後3年間で100基設置することを目指す。

 ワコールはこれまで百貨店、専門店、量販店といったチャネルごとに異なる製品を展開しており、他のチャネルの商品を提案できていなかった。3Dスマート&トライでは、販売チャネルに関係なくワコール製品を提案する。店舗で取り扱いのない製品や、別の販売チャネルの商品でも接客用タブレット端末から閲覧することが可能で、気に入ったものはWebストアで購入することが可能だ。3Dボディースキャナーで計測したデータは他の店舗でも確認でき、どの店舗でも計測や試着を省略して購入できるようにする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.