ニュース
» 2019年06月07日 09時00分 公開

製造IT導入事例:建築現場のテレワーク実現へ、日本MSとコベルコ建機が協業

日本マイクロソフトとコベルコ建機は、コベルコ建機が実現を目指す建設現場のテレワークシステム「K-DIVE CONCEPT」推進のため、協業を開始する。

[MONOist]

 日本マイクロソフトは2019年5月22日、コベルコ建機と協業し、コベルコ建機が提唱する建設現場のテレワークシステム「K-DIVE CONCEPT」を推進すると発表した。

 K-DIVE CONCEPTはクラウドマッチングシステムを活用し、人や場所、時間の制約を受けない現場の施工が可能になる「建設現場のテレワーク化」を実現しようとするものだ。技能者不足に対する多様な人材活用や現場生産性の向上、現場無人化による安全確保などを目指している。

photo テレワークシステム「K-DIVE CONCEPT」の目指す姿(クリックで拡大) 出典:日本マイクロソフト

 今回、協業の第1弾として、マイクロソフトのパブリッククラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」をK-DIVE CONCEPTに採用する。これにより、オペレーションの円滑化や可視化、効率的なコミュニケーションの実現を図る。

 両社は今後、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)、画像、音声認識技術を用い、アジャイル手法で開発を進める。具体的には、快適で安全な作業環境と実機同等の操作性、テレワーク化による労働時間、労働場所の制約解消、作業内容とオペレータースキルのマッチング最適化などの機能実装を目指す。

photo 「K-DIVE CONCEPT」のステップアップイメージ(クリックで拡大) 出典:日本マイクロソフト

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.