ニュース
» 2019年06月10日 13時00分 公開

CADニュース:CADの操作ができるRPA登場、ロボット作成にプログラミング言語を使用

キャパは、CADの操作ができるRPA「Cadropper」の提供を開始した。ロボット作成にプログラミング言語を使用するのが特徴で、従来のRPAとしての機能だけでなく、これまで困難だったCADツールの自動化ができる。

[MONOist]

困難だったCADツールの自動化が可能に

 キャパは2019年5月24日、CADの操作ができるRPA「Cadropper」の提供を開始した。従来のRPAとしての機能だけでなく、これまで困難だったCADツールの自動化ができる。

 Cadropperは、コムスクエアが提供するシステム監視用RPA「パトロールロボコン」を、CADが操作できるように最適化した。

photo AutoCADの作図を自動化 出典:キャパ

 ロボットの作成時、日本製のRPAではフローチャート型で作成するのが一般的だが、Cadropperは「Ruby」「C#」「PHP」「java」といった言語によるプログラミングで作成する。

 また、大量データの入出力や、繰り返しの多い作業などルーティンワークの自動化も可能で、これらの作業をCadropperに任せることにより、空いた時間をより付加価値の高い業務に充てることができる。人手不足の対策につながるほか、人的ミスの低減により、作業品質の向上にも貢献する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.