ニュース
» 2019年06月11日 07時00分 公開

工場ニュース:オークマが新世代スマートファクトリーを稼働開始、無人化技術とIoTを融合

オークマは、新世代スマートファクトリーとなる可児新工場「Dream Site 3」の建設を完了し、稼働を開始した。本社工場の「Dream Site 1」「Dream Site 2」のコンセプトを受け継いでいる。

[MONOist]

 オークマは2019年5月24日、新世代スマートファクトリーとなる可児新工場(岐阜県可児市)「Dream Site 3(DS3)」の建設を完了し、稼働を開始したと発表した。本社工場(愛知県大口町)の「Dream Site 1」「Dream Site 2」のコンセプトを受け継いでいる。

 同社は、最新の自動化、無人化技術、IoT(モノのインターネット)を融合させたスマートファクトリー「自動化と熟練の技が織りなす未来工場 Dream Site」を展開・構築している。今回同社は、DS3にスマートなものづくりを適用し、立型、横型マシニングセンター、門形マシニングセンターの一貫生産基地として構築。生産機種を工場単位で区分し、本社工場、可児工場の全社で自己完結一貫生産体制をとって生産効率を高め、生産能力の拡大を推進していく。

 DS3には、最先端のスマートマシンやロボット、FMS、IoT(モノのインターネット)を導入。72時間無人で運転でき、IoTを用いた正確で俊敏な作業指示の実施、進捗と稼働を監視する。

 正確な進捗、稼働状況の把握、俊敏な作業指示により、組み立て工程とDS3で生産される機械部品の同期を取りながら、「一個流し生産」により必要なものを、必要なときに、必要な量だけつくる。量産並みの高効率生産を超多品種少量生産で目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.