ニュース
» 2019年06月12日 07時30分 公開

製造マネジメントニュース:徳島発の新産業創出へ、ジェイテクトと徳島大が包括連携協定締結

ジェイテクトと徳島大学は2019年6月11日、研究開発において包括連携協定を締結したと発表した。ジェイテクトが持つ既存事業での共同研究だけでなく、新領域分野の研究開発や事業化を加速するため横断的産学共同研究事業を立ち上げる計画を示す。

[三島一孝,MONOist]

 ジェイテクトと徳島大学は2019年6月11日、研究開発において包括連携協定を締結したと発表した。ジェイテクトが持つ既存事業での共同研究だけでなく、新領域分野の研究開発や事業化を加速するため横断的産学共同研究事業を立ち上げる計画を示す。

photo 握手するジェイテクト 専務取締役 宮崎博之氏(左)と徳島大学 学長の野地澄晴氏(右)(クリックで拡大)

徳島で新産業を創出へ

photo ジェイテクト 専務取締役 宮崎博之氏

 包括連携のきっかけについて、ジェイテクト 専務取締役 宮崎博之氏は「ジェイテクトの前身である光洋精工の創業者である池田善一郎氏はもともと四国出身であり、徳島県には1963年に工場を設立。グループ会社の光洋シーリングテクノの工場もあり以前からゆかりがあった」と述べている。

 一方、徳島大学は2016年に生物資源産業学部、2018年には産業院を新設し、新たな産業の創出につながる人材育成を目指している。また、ジェイテクトでは既存事業に捉われない新領域分野の開拓を目指すFFR(Future & Frontier Research)部を立ち上げ、新領域分野の研究開発や事業化を目指している。

 2018年には徳島大学理工学部、生物資源産業学部、産業院と、ジェイテクト研究開発本部とAI関連、畜産関連で共同研究を推進している。今回はこの枠組みを拡大し、横断的に新たな取り組みを進められるように包括連携協定を締結した。

 具体的には、以下の4つの点に取り組む。

  1. 新領域分野での「横断的産業共同研究事業JTRP(JTEKT & Tokushima univ. Research Project)の創設を行う
  2. 徳島県内のさまざま施設を活用した農工、理工、ライフサイエンスに関する共同研究の推進
  3. 社会へ貢献する新産業の創出と研究成果の還元
  4. イノベーションにチャレンジする人材の育成と交流
photo 徳島大学 学長の野地澄晴氏

 今後は、これらのテーマについて、新領域分野のテーマ創出や共同研究を推進する他、学生のプロジェクト参加や起業の促進など人材教育や交流を進める方針である。SDGsなどジェイテクトの既存事業にはまらない分野でも積極的な研究開発を進めていく計画である。

 徳島大学 学長の野地澄晴氏は「徳島市は人口減少が深刻化している。これらに歯止めをかけるには新産業の創出が不可欠である。そのため徳島大学としても起業を推進しており、イノベーションチャレンジなどさまざまな取り組みを進めている。今回のジェイテクトとの包括連携を生かし、新たな産業創出につながるようにしていきたい」と語っている。

photo ジェイテクトと徳島大学の包括提携の枠組み(クリックで拡大)出典:ジェイテクト

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.