ニュース
» 2019年06月14日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:AIを活用した輸送車両シェアリングサービスをタイで提供開始

日立製作所は、2019年6月から輸送車両シェアリングサービスをタイで提供開始する。AIを活用し、複数の輸配送事業者の中から、荷主からの輸送依頼に最適な車両を手配する。

[MONOist]

 日立製作所は2019年5月29日、同社のASEAN地域における統括会社Hitachi Asia(Thailand)と日立物流の子会社Hitachi Transport System Vantec(Thailand)が共同で、同年6月から輸送車両シェアリングサービスをタイで提供開始すると発表した。

 同サービスは、Hitachi AsiaおよびHitachi Transport System Vantecの技術とノウハウを融合させて開発。日立のAI(人工知能)を活用したLumadaソリューション「Hitachi Digital Solution for Logistics/配送最適化サービス」と日立物流の運行管理システムを連携させ、複数の輸配送事業者の中から、荷主からの輸送依頼に最適な車両を手配する。また、稼働中のトラックやコンテナ車の運行状況、空き車両などの情報を統合的に管理する。

 具体的には、データ解析エンジンを使用し荷主企業から受けた輸送依頼の集荷地点に最も近い場所の空車予定情報を検索する。輸送車両の車格や温度管理などの制約条件、スコアリングしたドライバーの評価情報、交通情報などを組み合わせてマッチングする。

 これにより、輸配送完了後の空車回送を有効利用し、集荷納品拠点が近い異なる荷主企業の輸配送に同時対応する共同輸配送が可能になる。荷主企業の輸送コスト低減や納期短縮につながる他、輸配送事業者への最適な配車指示による運転手の労働時間および燃料代などの低減を支援する。

 同サービスの運用管理は日立物流が担当する。タイ国内の製造流通各社やHitachi Consumer Products(Thailand)、Hitachi Sales(Thailand)、Hitachi High-Technologies(Thailand)など日立グループを含む荷主企業、幅広い輸配送業者に対して同サービスを提供する。さらに今後、コンテナ輸送からトラック輸送と順次サービス範囲を拡大し、2023年度までにトラック2万1000台の利用と年間売上80億円を目指す。

photo 輸送車両シェアリングサービスの概念図 出典:日立製作所

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.