ニュース
» 2019年06月19日 10時00分 公開

JTがプルーム・テック工場を初公開、「3年間で生産能力40倍」の原動力はメイドインジャパンの現場力(26)(4/4 ページ)

[松本貴志,MONOist]
前のページへ 1|2|3|4       

紙巻きたばこの製造ラインを見る

 紙巻きたばこの製造も全自動で行われ、巻き上げ機、直結機(リザーバー)、小箱成型機、フィルム包装機、カートン包装機、ラベリング装置、段ボール包装機がそれぞれベルトコンベアなどで接続されている。今回見学した製造ラインでは1分間に1万4000本を製造する能力を持つという。

紙巻きたばこ製造の概要(クリックで拡大)
紙巻きたばこ製造ラインの様子(クリックで拡大) 出典:JT

 まず、原料の「刻み」を巻紙でくるみ、1本の非常に長い「棒巻き」を作る。棒巻きをたばこ2本分の長さにカットした後に、さらに1本分に再度カットする。このとき、棒巻きが柔らかいため「カットが非常に難しく、品質を維持するためナイフを常に調整している」(同社担当者)という。

巻き上げ機に充填される刻み(クリックで拡大) 出典:JT
巻き上げ機が高速に棒巻きを処理する様子(クリックで拡大) 出典:JT

 たばこ1本分の長さにカットされた棒巻き2個の片側を合わせるように、チップペーパーとフィルターを取り付けることで「ダブル巻き」と呼ばれる状態にする。このタブル巻きを中心で切断すると1本の紙巻きたばこが完成する。巻き上げ機には多数のセンサーが搭載され、合格品のみ装置から搬出されるという。

 完成したたばこは一旦リザーバーで保存される。このリザーバーは16万本のたばこを保存でき、先入れ先出しの処理を行う。リザーバーから搬出されたたばこは包装機によって、7本、6本、7本の計20本で1束とされ、アルミ箔と包か用紙で包装される。その後シールの貼り付けやフィルム包装、カートン詰めが行われる。

リザーバーに保存されるたばこ(クリックで拡大) 出典:JT
リザーバーから搬出されたたばこは20本で1束にまとめられる(クリックで拡大) 出典:JT
包装される様子(クリックで拡大) 出典:JT
カートン詰めされる様子(クリックで拡大) 出典:JT
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.