VR/ARが描くモノづくりのミライ 特集
ニュース
» 2019年06月20日 13時00分 公開

LiveWorx 2019:AR活用でトレーニングコストを年間50万ドル削減、Aggrekoが取り組んだ業務改革 (2/2)

[八木沢篤,MONOist]
前のページへ 1|2       

Aggrekoが実践したAR向けトレーニングコンテンツの開発

 AR向けトレーニングコンテンツの開発に関しては、「ノンプログラミングでの開発も可能だが、さまざまなインタラクション要素を盛り込み、高度なことをやろうとすると、どうしてもJavaScriptやCSSのスキルが必要になる。開発者にトレーニング内容を理解してもらうのは大変なので、自分たちで開発することにした。だから私はトレーニング担当でもあり、開発者でもある。ARコンテンツを作成する際、ソフトウェア開発のバックグラウンドのない私たちにとって、PTCの『Vuforia Studio』は非常に助けとなった」とカスティージョ氏は説明する。

ソフトウェアとしてPTCの「Vuforia Studio」と「Creo Illustrate」を活用するAggreko ソフトウェアとしてPTCの「Vuforia Studio」と「Creo Illustrate」を活用するAggreko ※出典:Aggreko

 Aggrekoではトレーニングコンテンツ開発の要素として、モデル、ソフトウェア、資産の3つを掲げる。「われわれはADDEDD()モデルというアプローチを選択し、ソフトウェアとデータ資産(アセット)の準備を行った」とカスティージョ氏。特にデータ資産に関しては、CADデータの重要性を説き、「設計をアウトソースしているのであれば、ARのエクスペリエンスを最大化するためにも、CADデータをもらえるようにした方がよい。とにかく最初の段階から関係者を巻き込み、必要なデータ資産を全て入手できる環境を整えることが大切だ」(カスティージョ氏)と述べた。

※ ADDEDD:Analyze ⇒ Determine ⇒ Design ⇒ Experience ⇒ Develop ⇒ Deploy

トレーニングコンテンツ開発に必要な3つの要素 トレーニングコンテンツ開発に必要な3つの要素 ※出典:Aggreko

(取材協力:PTCジャパン)

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.