ニュース
» 2019年06月24日 13時00分 公開

CADニュース:IPSパネル採用、4K解像度対応43型ディスプレイの先行予約販売を開始

ジャパンネクストは、4K UHD解像度の43型ディスプレイ「JN-IPS4302TUHD」の先行予約販売を開始した。どの角度から見ても色やコントラストの変化が起きにくいIPSパネルを採用し、上下左右178度の広視野角を誇る。

[MONOist]

表示領域が広く、細部まで鮮明に再現できるディスプレイ

 ジャパンネクストは2019年6月5日、IPSパネルを採用した4K UHD(3840×2160ピクセル)解像度の4K対応43型ディスプレイ「JN-IPS4302TUHD」の先行予約販売を開始した。通常価格は4万9980円となる(同月21日までは特別価格3万9980円)。

4K対応43型ディスプレイ 4K対応43型ディスプレイ「JN-IPS4302TUHD」(クリックで拡大) 出典:ジャパンネクスト

 従来機種「JN-IPS4300TUHD」の後継機種で、4K解像度に対応した大型液晶モニターとなる。どの角度から見ても色やコントラストの変化が起きにくいIPSパネルを採用しており、上下左右178度の広視野角を誇る。また、10ビット、10.7億色表示パネルの採用で、画像をより鮮やかに美しく表示し、場面を問わず忠実に色を再現する。速い動きも、60Hzのリフレッシュレートにより滑らかに表現できる。

 8W×2のステレオスピーカー、HDMI2.0×4ポート、USBポートを搭載し、パソコンや映像機器がなくても、USBに保存した画像や映像を表示できる。また、HDCP2.2対応で、4K動画配信サービスを視聴できる。

IPS系パネル採用 IPS系パネル採用(クリックで拡大) 出典:ジャパンネクスト

 4Kの解像度は3840×2160ドットで、フルHD(1920×1080)の約4倍。そのため、4つのフルHD動画を同時に表示できるほど作業領域が広く、作業効率を大幅に向上する。

 さらに、画数ピッチ(画素と画素の距離)を約0.24ミリまで縮めたことで、43型モニターで102PPIという高画数密度が可能になった。細部まで正確、鮮明に再現する。

 外形サイズは971×620×205mmで、筐体はブラック1色となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.