ニュース
» 2019年06月24日 15時00分 公開

医療技術ニュース:次世代がん遺伝子パネルに関する共同研究開発を開始

東京大学はコニカミノルタおよび国立がん研究センター研究所と共同で、DNAとRNAを解析する東大オンコパネルを基盤とし、遺伝子診断技術の知見を融合させる研究を進め、次世代包括的がん遺伝子パネル検査を開発する。

[MONOist]

 東京大学は2019年6月6日、コニカミノルタおよび国立がん研究センター研究所と共同で、DNAとRNAの両方を解析する東大オンコパネルを基盤とし、遺伝子診断技術の知見を融合させる共同研究開発を進め、次世代包括的がん遺伝子パネル検査を開発すると発表した。同大学先端科学技術研究センター 教授の油谷浩幸氏らが中心となり、研究を進める。

 DNAパネルにおけるがん原性の体細胞遺伝子変異の対象の多さとRNAパネルにおける融合遺伝子検出解析などに強みをもつ東大オンコパネルと、生殖細胞系列遺伝子変異を評価するRNA検査を商品化した、コニカミノルタグループのAmbry Geneticsの強みを掛け合わせた相乗効果が期待される。

 開発された次世代包括的がん遺伝子パネル検査は、日本のがんゲノム情報管理センターのがんゲノム情報リポジトリーの拡充に貢献。さらに、グローバルに展開、普及することにより、世界レベルでのがんゲノム情報蓄積を図る予定だ。

 今後は、日本人特有の遺伝子変異の解明、革新的ながん治療法や診断法の開発、新薬の創出、患者の生活の質の向上や、膨張する医療費の抑制などへの貢献が期待される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.