ニュース
» 2019年06月24日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:ゴムのように伸び縮みするフレキシブル基板を発売

沖電線は、伸縮するフレキシブル基板「伸縮FPC」を発売した。伸縮性に加えて、耐熱性もあり、部品のはんだ付けに対応する。人体などの複雑な動作にも追従可能なため、ウェアラブルデバイスなどでの利用を見込んでいる。

[MONOist]
photo 伸縮するフレキシブル基板「伸縮FPC」 出典:沖電線

 沖電線は2019年6月3日、伸縮するフレキシブル基板(FPC)「伸縮FPC」を発売した。2020年度に1億円以上の販売を目指す。人体などの複雑な動作にも追従可能なため、ウェアラブルデバイスなどでの利用を見込んでいる。

 配線材として用いられるFPCは、薄くて柔らかく、曲げても電気的特性が変化しないという特長があるが、従来のポリイミドベースの配線材は伸縮性に欠けていた。

 今回開発した伸縮FPCは、ゴムのように繰り返し伸縮可能な基材を用いることで、伸縮性を持たせることに成功。耐熱性もあり、部品のはんだ付けもできる。回路導体には従来同様、銅配線を使用するが、配線の工夫により伸縮する基材にも追従する。

 また、銅配線は伸縮時の導体抵抗値の変化が小さいため、センサーとしても利用可能だ。例えば、伸縮FPCを胸部に巻きつけて、銅配線内の信号変化から胸部内を診断するウェラブルセンサーなどに利用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.