ニュース
» 2019年06月25日 08時00分 公開

組み込み採用事例:AUTOSAR準拠BSWの適合性検証をマツダが開始

SCSKは、同社のAUTOSAR準拠ベーシックソフトウェア「QINeS BSW」の適合性検証をマツダが開始したと発表した。「QINeS」は、車載BSWおよび開発ツールの活用や教育を支援するサービスで、車載ECU開発の品質と生産性の向上に貢献する。

[MONOist]

 SCSKは2019年6月6日、同社のAUTOSAR準拠ベーシックソフトウェア(BSW)「QINeS BSW(クインズ ビーエスダブリュー)」の適合性検証をマツダが開始したと発表した。

 「QINeS」は、車載ソフトウェアの標準規格であるAUTOSARに準拠したBSWを中心とするソリューション群。車載BSWおよび開発ツールの活用、教育を支援するサービスをワンストップで提供する。ソフトウェアの再利用と自動化により、車載ECU(電子制御ユニット)開発における品質と生産性の向上に貢献する。

 近年、自動車の電子化の急速な進展に伴い、BSWの開発規模が拡大し、BSW搭載ユニットも増加している。自動車メーカーやサプライヤーには、開発効率化のため、AUTOSARなど車載システムの標準規格に基づいたBSWを取り入れる動きがある。今回のマツダの適合性検証は、そうした流れを受けたものだ。

 SCSKは今後、BSW単体での検証や開発環境を整備するなどして、機能安全要求(FSR:Functional Safety Requirement)、機能安全コンセプト(FSC:Functional Safety Concept)への検証も進めていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.