ニュース
» 2019年07月02日 07時00分 公開

FAニュース:専門知識なしでも簡単設定、従来品比4倍の入出力対応のマルチI/Oコントローラー

SUSは、マルチI/Oコントローラー「MiO」を発表した。入出力制御装置「SiOコントローラー」を最大8台接続してまとめて管理できる。LAN通信機能を搭載しているため、PCなどの外部機器とも信号のやりとりができる。

[MONOist]

 SUSは2019年6月11日、マルチI/Oコントローラー「MiO(エム・アイ・オー)」を発表した。同社の入出力制御装置「SiO(エス・アイ・オー)コントローラー」を最大8台接続してSiOネットワークを構築し、まとめて制御できる。価格は1万4800円(税別)で、同年5月30日から販売している。

 SiOコントローラーは、スイッチやセンサーなど入力機器からの信号を受け、プログラムの内容に応じて出力機器をON、OFFする制御装置だ。接続できる機器の数や接続方法が異なる5タイプがあり、これまでで最大のモデルは、入力16点、出力16点だった。

 新製品のMiOは、入力64点、出力64点までと、制御可能な機器数が従来品の4倍に増えた。SiOコントローラーのネットワーク対応機種「SiO-N1(入力8点、出力8点)」を最大8台接続して、入出力機器をまとめて管理できる。ネットワークケーブルで総延長100mまで接続できる他、従来のSiOにはなかったLAN通信機能を搭載しており、PCなどの外部機器とも信号のやりとりができる。

 また、MiOと同時に専用ソフトウェア「MiO Programmer」をリリース。MiO Programmerは、SiOコントローラー同様、専門知識がなくても使える日本語選択式のプログラミング方式で、同ソフトだけで、MiOに接続された複数のSiOコントローラーに対し、一括でプログラムの書き込みと読み込みができる。

photo 左:マルチI/Oコントローラー「MiO」、右:ネットワーク対応の「SiO-N1」 出典:SUS
photo 接続イメージ(クリックで拡大) 出典:SUS
photo 専用ソフトウェア「MiO Programmer」の画面イメージ(クリックで拡大) 出典:SUS

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.