ニュース
» 2019年07月04日 09時00分 公開

製造ITニュース:マイクロソフトとオラクル、クラウド間の相互運用機能を提供

マイクロソフトとオラクルは、クラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」と「Oracle Cloud」間の相互運用に関する提携を発表した。両クラウドが直接接続できるようになる他、ネットワークやIDの相互運用が可能になる。

[MONOist]

 マイクロソフトとオラクルは2019年6月5日(現地時間)、クラウドプラットフォーム「Microsoft Azure(Azure)」と「Oracle Cloud」間の相互運用に関する提携を発表した。両クラウドが直接接続できるようになり、再構築を必要とせずに既存のアプリケーションをクラウドに移行できる。

 今回の提携により、アナリティクスやAI(人工知能)などのAzureサービスと、自律型データベースクラウド「Autonomous Database」などのOracle Cloudサービスをシームレスで接続できるようになる。これにより、一部のワークロードをAzureで実行し、同じワークロードの別の部分をOracle Cloudで実行するなど、高度に最適化された運用が可能になる。

 また、ネットワークやIDを相互運用することで、両プラットフォーム全体のリソースが管理可能になる。単純な相互運用だけではなく、例えば、Oracle Cloudの「Exadataインフラストラクチャー」上で実行中のデータベースに対して、Azure上で「Oracle E-Business Suite」や「Oracle JD Edwards」を実行できるようになる。

 現在、アメリカで相互接続の提供を開始している。今後、他地域にも拡張する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.