ニュース
» 2019年07月08日 13時00分 公開

CADニュース:見込み変形モデリングの工数を最大75%削減するCAD/CAMシステム

NTTデータエンジニアリングシステムズは、金型設計および製造業界向け3次元CAD/CAMの最新版「Space-E Version 5.8」を発表した。見込み変形の作業工数削減や等高線仕上げ機能の強化による加工面の品質向上などが可能になった。

[MONOist]

 NTTデータエンジニアリングシステムズは2019年6月26日、金型設計および製造業界向け3次元CAD/CAMの最新版「Space-E Version 5.8」を発表した。同年8月下旬に発売し、1年間で100モジュールの販売を計画している。

 Version 5.8では、見込み変形の作業工数を削減してモデリングを強化。CADで見込み変形の結果をプレビュー画面で確認できるようにした。また、条件設定からの繰り返し作業を可能にして効率化を図り、最大75%の作業を削減できるようになった。

修正作業工程 修正作業工程 出典:NTTデータエンジニアリングシステムズ

 傾斜面における切削幅の均一化を図る等高線加工の仕上げ機能を搭載。傾斜面に対して一定間隔の切削幅にすることにより、加工面を均一に仕上げ、ミガキ時間を短縮した。

 さらに、5軸加工の機能強化やデータコンシェルジュとSpace-Eの連携も強化している。

平面上に対し一定間隔の経路傾斜面に対して一定間隔の経路 【左】例)平面上に対し一定間隔の経路/【右】例)傾斜面に対して一定間隔の経路 出典:NTTデータエンジニアリングシステムズ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.