デジタルツインを実現するCAEの真価
ニュース
» 2019年07月09日 13時00分 公開

CAEニュース:約4000種類の材料データを搭載した分析ソフトウェア

サイバネットシステムは、「ANSYS GRANTA CES Selector」「ANSYS GRANTA Materials Data for Simulation」の提供を開始した。ANSYSが開発し、サイバネットが販売サポートをする。

[MONOist]

 サイバネットシステムは2019年6月26日、「ANSYS GRANTA CES Selector(CES Selector)」「ANSYS GRANTA Materials Data for Simulation(Materials Data for Simulation)」の提供を開始した。ANSYSが開発し、サイバネットが販売サポートをする。

 CES Selectorは、材料選択と材料特性をグラフィカルに分析するソフトウェア。約4000種類のエンジニアリング材料データを網羅したデータベース「MaterialUnivers」を搭載。購入可能なほぼ全ての材料種類の特性データを提供する。特に、製造工程の違いによる材料特性の違いまでを考慮したデータ提供が特徴だ。

MaterialUniverse 「MaterialUniverse」を利用したAdditive Manufacturingの材料選択の例 出典:サイバネットシステム

 必要な特性を基準として視覚化し、材料特性領域を容易に把握可能にして材料選定の意思決定を推進する。ボタン1つで類似材料をリストアップし、選択した材料を速やかに比較して、目的の代替材料を選定できる。

比較した例 ポリマー材料と金属合金を比較した例 出典:サイバネットシステム
材料の比較 (左)類似材料リストアップ、(右)材料の比較(クリックで拡大) 出典:サイバネットシステム

 また、「Synthesizer Tool」機能を利用して、データベース内の材料を組み合わせたハイブリッド材料の性能や加工コストを推定。「Eco Audit Tool」機能により、製品ライフサイクルの各段階でのエネルギー使用量とCO2排出量を見積もり、材料の選定と同時に環境負荷に配慮している。

Synthesizer Tool (左)「Synthesizer Tool」、(右)「Eco Audit Tool」(クリックで拡大) 出典:サイバネットシステム

 Materials Data for Simulationは、「ANSYS Mechanical」の各種のシミュレーションで利用可能な600以上の材料データベースを含んだパッケージ製品だ。材料データベースを「ANSYS Workbench」上で選定できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.