ニュース
» 2019年07月09日 12時00分 公開

製造マネジメント メルマガ 編集後記:“トラステッド”な日本の製造業は“イノベーティブ”で成功できるのか

顧客の信頼は守りたい。でもIoTやAIの活用に向けた変化も必要。ジレンマです。

[朴尚洙,MONOist]

 この記事は、2019年7月9日発行の「製造マネジメント メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。


“トラステッド”な日本の製造業は“イノベーティブ”で成功できるのか

 日本の製造業は長い歴史を持つ企業が多くあります。業界に対する信頼を勝ち取ってきたからこそ企業が生き残り、長い歴史も紡げるわけですが、そういった成功体験は企業にとって大きな変化を拒む土壌にもなり得ます。

 とはいえ、製造業が活用を目指すIoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)といったデジタル技術は進化スピードも早く、それらを導入することはまさに大きな変化と言えます。現在収益を稼いでいる既存事業は顧客の信頼こそが基盤であり、信頼を損なう可能性のある大きな変化を望まないのは当然と言えば当然です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.