ニュース
» 2019年07月10日 08時00分 公開

人工知能ニュース:CUDAがArmに対応へ、主要CPUアーキテクチャをカバー

NVIDIAは、同社の並列コンピューティングアーキテクチャ「CUDA」がArm CPUに対応すると発表した。CUDA-X AIやHPCソフトウェアのフルスタックを、年内にArmのエコシステムで利用できるようにする。

[MONOist]

 NVIDIAは2019年6月17日、同社の並列コンピューティングアーキテクチャ「CUDA」がArm CPUに対応すると発表した。600以上のハイ・パフォーマンス・コンピューティング(HPC)アプリケーションやAI(人工知能)フレームワークを含む、NVIDIAのAIとHPCソフトウェアのフルスタックが、年内にArmのエコシステムで利用できるようになる。

 このフルスタックには、「NVIDIA CUDA-X AI」とHPCライブラリ、GPUアクセラレーテッドAIフレームワーク、OpenACC対応のPGIコンパイラやプロファイラなどのソフトウェア開発ツールが含まれる。スタックの最適化が完了すると、同社はx86、POWERやArmなど、全ての主要CPUアーキテクチャをアクセラレートできることになる。

 NVIDIAによるArmベースHPCシステムへの対応は、両社の10年以上にわたる連携を通じて生まれたものだ。NVIDIAは、ポータブルゲーミング、自動運転車、ロボティクス、内蔵型AIコンピューティング向けチップ製品などにArmの技術を採用している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.