ニュース
» 2019年07月17日 08時30分 公開

製造業IoT:エッジに乗り出すレノボ、0〜50℃の環境でも動くゲートウェイやサーバを発表 (1/2)

レノボ・ジャパンは2019年7月16日、プライベートイベント「Transfrom 3.0」を開催し、小型エッジPC「ThinkCentre M90n-1 Nano IoT」を同日に発売すると発表した。

[松本貴志,MONOist]

 レノボ・ジャパンは2019年7月16日、プライベートイベント「Transfrom 3.0」を開催し、小型エッジPC「ThinkCentre M90n-1 Nano IoT(以下、M90n-1 Nano IoT)」を同日に発売すると発表した。また、2019年2月に開発意向を表明した超小型エッジサーバ「ThinkSystem SE350(以下、SE350)」もこのほど参考出展を行い、2019年中の販売を目指していることを明かした。

左:ThinkCentre M90n-1 Nano IoT 右:ThinkSystem SE350(クリックで拡大) 出典:レノボ・ジャパン
レノボ・ジャパンの安田稔氏

 同イベントに併催された記者会見では、レノボ・ジャパン副社長の安田稔氏らが登壇し、同社のIoT(モノのインターネット)やエッジコンピューティング戦略を説明した。同社はITとOT(制御技術)の融合によってビジネスバリューを創出するインテリジェント・トランスフォーメーションの実現を掲げており、IoTソリューションブランドとして「ThinkIoT」を立ち上げた。M90n-1 Nano IoTとSE350もThinkIoTを構成する製品と位置付けられている。

 両製品とも、センサーや機器などの外部環境とクラウドを含めたコアITインフラを接続するエッジデバイスとなる。M90n-1 Nano IoTは、IoTゲートウェイの役割を担う製品としてデスクトップPCと同程度の性能を持つとし、ローカルにおけるデータの収集、前処理、分析などのワークロードに対応。SE350はエッジサーバとしてさらに高度なデータ処理に対応するとともに、「設計面で最も重視しているのはセキュリティ」(レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ 製品マーケティング本部 製品部 部長 金地秀夫氏)として、高性能サーバと同様の性能、品質を確保しているとする。

レノボのエッジ戦略(クリックで拡大)

Windowsを搭載し、コンパクトかつMIL規格準拠の「M90n-1 Nano IoT」

 ThinkCentre M90n-1 Nano IoTは、本体寸法が約179×34.5×88mmで、体積が約0.55l(リットル)とコンパクトなフォームファクタを採用する。ヒートシンクを搭載したファンレス構造としつつ米軍調達基準のMIL規格に準拠しているため、スペースの限られた場所への設置や過酷な環境での利用にも適している。VESAやDIN規格に対応する設置用オプションも用意する予定だ。対応稼働環境は温度が0〜50℃、湿度が20〜80%(結露が無い場合)。電源供給はACアダプター(100〜240V、50/60Hz)で行う。豊富な無線通信オプションもそろえ、Wi-FiやBluetooth、4G(LTE)の他、LoRaWANにも対応可能としている。

 OSはWindows 10 Pro 64bit、もしくはWindows 10 IoT Enterprise LTSCから、CPUはインテル Celeron 4205U、もしくはCore i3-8145Uから選択できる。メインメモリはPC4-21300 DDR4 SDRAMがオンボードで4GB搭載され、オプションで8GBに変更することが可能だ。ストレージはPCIe NVMe/M.2接続の128GB SSDを標準で内蔵する。インタフェースはUSB Type-C 3.1 Gen2×2、USB 3.1 Gen2×2、DisplayPort、マイクロホン/ヘッドホンコンボジャック、RJ-45の他、RS-232Cもサポート。オプション用スロットとしてM.2 2230(Wi-Fi用)1個とM.2 2280(SSD/Intel Optaneメモリ用)2個を備える。価格は4万5000円(税別)から。

ThinkCentre M90n-1 Nano IoTの内部構造(クリックで拡大)

 また、M90n-1 Nano IoTと同様のフォームファクタを活用した小型デスクトップPC「ThinkCentre M90n-1 Nano」も同時にリリースされた。同製品ではファン付きのコンピュータとなるものの、本体寸法が約179×22×88mmで、約0.35lとさらに小型であることが特徴。また、CPUにM90n-1 Nano IoTと比較して、より高性能なCore i7、i5、i3を選択できるため、オフィスIoTや一般パソコン用途にも向くとする。価格は7万4000円(税別)から。

ThinkCentre M90n-1 Nano(クリックで拡大)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.