ニュース
» 2019年07月22日 13時00分 公開

3Dプリンタニュース:日本HP、大量生産向け/フルカラー造形対応の3Dプリンタ新シリーズを投入

日本HPは、3Dプリンタの新シリーズを発表した。造形スピードを大幅に向上した大量生産向けの「HP Jet Fusion 5200」と、フルカラー、白色モデルが造形可能な「HP Jet Fusion 500」の2シリーズだ。

[MONOist]

 日本HPは2019年7月9日、3Dプリンタの新シリーズ「HP Jet Fusion 5200」「HP Jet Fusion 500」を発表した。同年9月から出荷を開始する。

 HP Jet Fusion 5200は、「HP Jet Fusion 4200」シリーズの上位機種となる。標準モデルの「HP Jet Fusion 5200 3D プリンティングソリューション」と、より大量生産向けの「HP Jet Fusion 5210 3D プリンティングソリューション」の2種がある。

 同シリーズは、造形スピードを大幅に向上する高出力ランプを搭載。また、「HP Jet Fusion 5200 3D ナチュラルクーリングユニット」により、ビルドユニットを効率的に使用できるため、稼働時間を大幅に短縮する。

HP Jet Fusion 5200 大量生産向けの「HP Jet Fusion 5200」シリーズ(クリックで拡大) 出典:日本HP

 他に、ソフトウェア「HP 3D Center」は、ジョブ管理や遠隔からのリアルタイムモニタリングなど、オペレーションを最適化する機能を備える。オプションとして、より高精度な造形、再現が可能な専用ソフトウェア「HP 3D Process Control」も用意。さらに、シリーズ専用材料として、柔軟性と伸縮性が必要なパーツに適している熱可塑性ポリウレタン材料「BASF ULTRASINT 3D TPU01」が加わる。

 HP Jet Fusion 500シリーズは、白色モデルが造形可能な「HP Jet Fusion 540 3D プリンティングソリューション」と、フルカラーで造形できる「HP Jet Fusion 580 3D プリンティングソリューション」の2機種となる。小型の筐体や操作のしやすさを特長とし、製造業の設計部門や、教育機関での使用に適している。

HP Jet Fusion 500 フルカラー、白色モデル対応の「HP Jet Fusion 500」シリーズ(クリックで拡大) 出典:日本HP

 初期のデザイン試作から量産までをHP Jet Fusionプラットフォーム上で完遂できるようになり、新しいデザインやアプリケーションの試作、開発を効率化する。

 500シリーズは、主要なカラーファイルフォーマットであるOBJ、VRML ver.2.0、3MFに対応。シリーズ専用の新材料「HP 3D High Reusability CB PA 12」も発売される。

関連キーワード

3Dプリンタ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.