ニュース
» 2019年07月23日 08時00分 公開

組み込み採用事例:AI画像判定による虫の自動判別機能を捕虫器に追加

イカリ消毒のカメラ付捕虫器「オプトビューワ Fly」に、YE DIGITALのAI画像判定サービス「MMEye」を活用した虫の自動判別機能が追加された。画像に写った個々の虫をAIが同定し、判定モデルとの類似度を示す判定率を表示する。

[MONOist]

 YE DIGITALは2019年7月4日、イカリ消毒のカメラ付捕虫器「オプトビューワ Fly」に、同社のAI(人工知能)画像判定サービス「MMEye」を活用した虫の自動判別機能が追加されたと発表した。画像に写った個々の虫をAIが同定する他、判定モデルとの類似度を示す判定率も表示され、判定の信頼度が確認できる。

photo 「オプトビューワ Fly」のAI自動判別イメージ 出典:YE DIGITAL

 オプトビューワ Flyは、捕虫器内にカメラを内蔵した監視型捕虫器。捕虫シートの画像を6時間ごとにサーバに転送して自動計数し、その内容をクラウド上で確認できる。

 今回、このオプトビューワ Flyの即時性を向上するため、YE DIGITALの持つAI技術を活用。イカリ消毒が提供したサンプル画像を基に、YE DIGITALが監視対象となる虫ごとに判定モデルを作成した。AIに学習させることで、さまざまな種類の虫を高精度で同定でき、状況の早期把握と迅速な対応が可能になるという。

 YE DIGITALは、製造業用途を中心に培ったIoT(モノのインターネット)やAI技術に強みを持つ。2012年からイカリ消毒の自動化・システム化を支援している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.