ニュース
» 2019年07月25日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:トヨタがドライブライン事業をジェイテクトへ移管、競争力強化のため

トヨタ自動車は、同社が保有する豊精密工業の株式を、2020年1月を目処にジェイテクトへ譲渡する検討を開始した。株式譲渡後は、豊精密工業の駆動製品、歯車製造、歯車加工機などの全事業がトヨタからジェイテクトに移管される。

[MONOist]

 トヨタ自動車は2019年7月10日、同社が保有する豊精密工業の株式を2020年1月をめどにジェイテクトへ譲渡する検討を開始したと発表した。株式譲渡後は、豊精密工業の駆動製品、歯車製造、歯車加工機などの全事業がトヨタからジェイテクトに移管される。

 トヨタのドライブライン事業は、ユニットごとにトヨタ、ジェイテクト、豊精密工業が開発と生産を分担している。ドライブラインとは、エンジンからの動力をトランスミッションを介して車輪に伝達する各ユニットの総称。現在、主要部品のデファレンシャルギアをトヨタと豊精密工業が、トルクコントロールデバイスをジェイテクトが手掛けている。

 同社は車両の電動化などから市場環境の変化が予想されるため、今後ドライブライン事業の競争力強化が必要になると見ている。今回の事業移管により、ドライブライン事業製品の充実や小型軽量化などの高付加価値化を通じて、ドライブラインシステムの企画提案力を高め、販売数拡大につなげたいとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.