ニュース
» 2019年07月29日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:ソフトバンクのIoTプラットフォームに対応した小型LPWA通信モジュール

村田製作所とソフトバンクは、ソフトバンクのIoTプラットフォームに対応したLPWAの小型通信モジュール「Type 1WG-SB」「Type 1SS-SB」を発表した。高密度実装、高セキュリティ、通信量と消費電力の抑制が特徴だ。

[MONOist]
photo LPWAの通信モジュール「Type 1WG-SB」(左)、「Type 1SS-SB」(右) 出典:村田製作所

 村田製作所とソフトバンクは2019年7月4日、ソフトバンクのIoT(モノのインターネット)プラットフォームに対応したLPWA(Low Power Wide Area)の小型通信モジュール「Type 1WG-SB」「Type 1SS-SB」を発表した。発売は同年9月以降を予定している。

 新製品は、一般的な小型モジュールと比べて実装面積を約50%削減。IPアドレスを使わない通信規格NIDD(Non-IP Data Delivery)技術に対応し、セキュリティの高いネットワークを構築できる。また、Open Mobile Allianceが提唱する新しい通信規格「OMA Lightweight M2M」にも対応しており、NIDD技術との組み合わせでさらにデータ通信量と消費電力の削減が期待できる。

 通信モジュールを組み込む機器の動作プログラムは、Hayesが開発した標準的なATコマンドで制御。ソフトバンクのIoTプラットフォームとの確実な接続を保証する。

photo 通信モジュールの組み込みイメージ 出典:村田製作所

 Type 1WG-SBは、NB-IoTとLTE-M(Cat.M1)の通信方式に対応し、大きさは12.2×12.0×1.6mm。Type 1SS-SBは、NB-IoTに対応し、大きさは10.6×13.2×1.8mm。どちらもJATE/TELECの認証を取得済みだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.