VR/ARが描くモノづくりのミライ 特集
ニュース
» 2019年07月29日 13時00分 公開

VRニュース:キャプチャー技術を活用したリアルタイム実写立体動画撮影システムを開発

メディア工房は、リアルタイム実写立体動画撮影システム「SUPERTRACK」を公開した。被写体を全方向から撮影し、立体映像を作成するため、視聴者は自由な視点で映像を鑑賞できる。

[MONOist]

 メディア工房は2019年7月16日、リアルタイム実写立体動画(Volumetric Video)撮影システム「SUPERTRACK」を公開した。被写体を全方向から撮影し、立体映像を作成するため、視聴者は自由な視点で映像を鑑賞できる。

 SUPERTRACKは、市販のPCでも動作し、実寸大で表示できる高解像度のVolumetric videoを独自の3D構成プログラムで作成する。グリーンバックのような環境や設備を使わなくても、撮影環境を構築できるという利点がある。

 また、ポイントクラウドを利用した独自の表現技術により、立体動画をリアルタイムに作成して表示。クラウドサーバを経由したライブ配信も可能だ。

photo 左:リアルタイム実写立体動画撮影システム「SUPERTRACK」、右:被写体を全方向から撮影して作製した立体映像(クリックで拡大) 出典:メディア工房

 CGやモーションキャプチャーでは表現できない、人や生き物の存在感や動きをそのまま記録し、動画を記録から体験へと進化できるので、さまざまなシーンで活用できる。具体的には、スポーツ中のフォームやポーズを記録し、あらゆる視点で確認できる。また、遠隔地の打ち合わせや研修などでも活用可能だ。

 同社は今後、SUPERTRACKを活用したさまざまなコンテンツを発表する予定だ。第1弾として、同年8月にSteamより多数のコスプレイヤーモデルを自由視点で鑑賞できる「ホログラ(HOLOGRA)」を発表する。

活用事例 活用事例(クリックで拡大) 出典:メディア工房

関連キーワード

VR


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.