ニュース
» 2019年07月29日 15時00分 公開

医療機器ニュース:撮影時間を3割短縮するMRI撮影時間短縮ソフトを日本で発売

長瀬産業は、Medic Vision Imaging Solutionsが開発したMRI撮影時間短縮ソフトウェア「iQMR」の国内販売を開始する。MRI画像のノイズを低減し、従来の画像レベルを維持したまま撮影時間を平均で3割短縮できる。

[MONOist]

 長瀬産業は2019年7月11日、Medic Vision Imaging Solutionsが開発したMRI撮影時間短縮ソフトウェア「iQMR(アイキューエムアール)」の国内販売を開始すると発表した。

 iQMRは、統計的手法を用いてMRI画像のノイズを低減するソフトウェアだ。既存のMRI機器に接続するだけで機能を追加できる。MRIは撮影時間が短くなるほどノイズが発生し診断が難しくなるが、iQMRの導入により従来の画像レベルを維持したまま撮影時間を平均で3割短縮できる。

 MRIによる画像診断は、長時間身動きが制限されるため患者への負担が大きい。同社は、iQMRにより患者や医療従事者の負荷軽減が期待できるとしている。

photo MRI撮影画像(クリックで拡大) 出典:長瀬産業

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.