ニュース
» 2019年08月01日 09時00分 公開

製造ITニュース:沖電気工業、インフラ維持管理をITで支援するソリューションを提唱

沖電気工業はセンシング技術やAIなどのIoTを活用して、インフラ構造物や設備の維持管理を各現場の状況に合わせて効率良くコーディネートできる「インフラモニタリングソリューション」を提唱した。

[MONOist]

 沖電気工業は2019年7月17日、センシングやAI(人工知能)などのIoT(モノのインターネット)活用技術により、インフラ構造物や設備の維持管理を各現場の状況に合わせて効率良くコーディネートできる「インフラモニタリングソリューション」を提唱した。

photo インフラモニタリングソリューション概念図(クリックで拡大) 出典:沖電気工業

 同ソリューションは、「インフラの見える化」「インフラの状態診断」「インフラの劣化予測」「インフラ工事の工程・安全監視」の4つのソリューションから構成。これらをユーザーの運用に合わせて連携させ、効果的に導入できる。

 インフラの見える化は、対象物の変状データを画像処理や音響処理、光通信技術などの活用によって取得し、インフラ構造物などの現場状況を可視化する。また、帳票をデータ化し、データ収集から記録、レポーティングまで一連の作業を効率化する。

 インフラ状態診断は、従来職人が感覚や経験で行ってきた劣化診断を診断基準の数値化や機械学習によって支援する。インフラの劣化予測は、AIや機械学習を用いて収集した変状の傾向から進行の推測と劣化予測を行う。

 また、インフラ工事の工程・安全監視は、これまで現場監督が視認で把握していた作業状況を、画像処理や無線通信、光通信技術、AIを活用して可視化し、作業の安全性に関する判断を支援する。

 同社は、同ソリューションに関して顧客と共同でPoC(概念実証)に取り組んでおり、今後はさらにフィールド実験や試行を重ねて、順次サービスを拡充していく予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.