ニュース
» 2019年08月01日 10時00分 公開

産業オープンネット展2019:組み込みコンピュータとEtherCATカードに加えソフトも、PFUがパッケージ提案

PFUは、「産業オープンネット展2019 東京」に初出展し、組み込みコンピュータとEtherCATカード、OS、SDK(ソフトウェア開発キット)などをパッケージにした提案を紹介した。

[朴尚洙,MONOist]

 PFUは、「産業オープンネット展2019 東京」(2019年7月30日、大田区産業プラザPiO)に初出展し、組み込みコンピュータとEtherCATカード、OS、SDK(ソフトウェア開発キット)などをパッケージにした提案を紹介した。

 同社は2016年10月から、専用チップをカード側に搭載することでPC側のCPU負荷を大幅に軽減できるEtherCATカードを展開している。同カードは、EtherCATで機器制御を行うためのアプリケーションを開発するためのSDKも無償で提供しており、添付のサンプルアプリケーションだけでもEtherCATの制御を試すことが可能だ。

 2018年9月からは、EtherCATカードとPFUが実績を積み重ねてきた組み込みコンピュータを組み合わせたセットモデルの販売も始めている。組み込みコンピュータのOSは、Winodwsだけでなく、CentOSをはじめとする各種Linuxディストリビューションに対応しており、EtherCATカード、OS、SDK、関連ソフトウェアを組み込んだ状態で顧客に提供することで「EtherCATのスムーズな導入が可能になる」(PFUの説明員)という。

 展示では、EtherCATカードを搭載する小型組み込みコンピュータ「AR2100」でサーボモーターの動作を制御するデモを披露。リング接続したEtherCATケーブルの一方が外れた状態(信号灯の警告ランプが点灯する)でも、サーボモーターの動作は問題なく継続できていた。この他、触覚センサーを用いたサーボモーターの回転速度を自在に制御できる様子も示してみせた。

「産業オープンネット展2019 東京」で披露したPFUのデモ 「産業オープンネット展2019 東京」で披露したPFUのデモ。中央にある小型組み込みコンピュータ「AR2100」にEtherCATカードを搭載しており、リング接続したEtherCATケーブルによりサーボモーターの動作を制御している。AR2100の右側にあるペン形状のデバイスが、サーボモーターの回転速度を制御する触覚センサーだ(クリックで拡大)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.