ニュース
» 2019年08月05日 07時00分 公開

FAニュース:ExxonMobil向けのオープンプロセスオートメーションのテストベッドを構築

横河電機は、ExxonMobil向けにオープンプロセスオートメーションのテストベッドを構築する。ExxonMobilは、このテストベッドで得られた成果を活用し、オープンで相互運用性に優れたプロセス制御アーキテクチャの構築を目指す。

[MONOist]

 横河電機は2019年7月9日、ExxonMobil(エクソンモービル)向けにオープンプロセスオートメーション(OPA)のテストベッドを構築すると発表した。

 テストベッドは、システム開発において実際の運用環境に近い状態で技術を検証するためのプラットフォーム。横河電機は、Yokogawa U.S.Technology Centerが有するOPAの開発成果や専門知識を活用し、ExxonMobilのOPAテストベッドを構築する。

 ExxonMobilは、このテストベッドで評価したコンポーネントの候補や規格を基に、OPA技術のフィールド試験を実施。相互運用性に優れ、オープンながらもセキュリティの高いプロセス制御アーキテクチャの構築を目指す。

 また、ExxonMobilは、システムテストの結果をコラボレーションパートナーやOPAフォーラムの参画企業と共有する。さらに、コラボレーションパートナーが独自のフィールドトライアルで使用する他のコンポーネントを評価する場合にも、同テストベッドを利用できるようにする。

 テストベッド構築に当たり、横河電機はアメリカ・テキサス州スプリングのExxonMobilヒューストンキャンパス付近に開発オフィスを設置。同年第4四半期に第1ステージの稼働を開始する。

photo 開発オフィスのイメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.