ニュース
» 2019年08月07日 13時00分 公開

CADニュース:より速い操作が可能なCADソリューションを発表

ZWSOFTは、より速い操作が可能なCADソリューション「ZWCAD 2020」を発表した。従来の「ZWCAD 2019」と比較して、よく使用されるコマンドと操作が平均150%、図面展開が32.4%、図面読み取りが73.5%速くなった。

[MONOist]

 ZWSOFTは2019年7月22日、従来製品の安定性はそのままに、より速い操作が可能なCADソリューション「ZWCAD 2020」を発表した。マルチコアプロセッサテクノロジーにより、従来の「ZWCAD 2019」と比較して、よく使用されるコマンドと操作が平均150%、図面展開が32.4%、図面読み取りが73.5%速くなった。

photo 「ZWCAD 2019 SP2」「ZWCAD 2020」の180MBの図面展開比較 出典:ZWSOFT

 新たにデータの抽出機能を搭載。オブジェクトのプロパティやデータを抽出し、編集中の図面にそれらをテーブルとして挿入できる。「.csv/.xls」形式の外部ファイルにエクスポートすることも可能だ。測定や購入のためにプロジェクトデータが必要な場合、より効率的に図面からデータを抽出できる。

 また、「PDFアンダーレイマネージャー」により、参照している各PDFファイルの基本情報を確認できる。PDFファイルを直接PDFリーダーで開いたり、配置場所を見つけてそれらをデタッチし、図面を確認しやすくしたりすることも可能だ。注釈が多い図面を開く際は、不要なスケールリストを削除し、注釈スケールリストをデフォルトの状態にできる。

photo 「PDFアンダーレイマネージャー」のイメージ 出典:ZWSOFT

 新しいインタフェース機能も追加された。ラスター画像の作成・編集に用いる「ZTILライブラリ」、エンティティからフェイスデータの抽出に使用する「zcreEntityToFaces」、3Dモデリング用の「Amodelerライブラリ」などだ。他に、マイクロソフトのビジュアル・スタジオ・コードを用いて開発したLISPデバッガを搭載。コードを1つずつ、またはステップごとに確認して簡単にデバッグできる。

 オブジェクトが重なっている場合には、「SELECTIONCYLING」を入力してデフォルト「-2」の設定を「2」に変更することで、任意のオブジェクトを選択しやすくなる。設定変更後は、重なり合ったオブジェクトの選択時に、「セレクションセット」というダイアログボックスが表示され、任意のオブジェクトを選択しやすくなる。

photo 循環選択を使用することで簡単に重なり合ったオブジェクトを選択できる 出典:ZWSOFT

 補助線の代わりに、「TKトラッキング」機能も搭載した。後で消す必要がない仮想補助線を作り、点を任意の位置に直接配置できるため、描画効率が大幅に向上した。

photo 「TKトラッキング」を使用して円心を配置する 出典:ZWSOFT

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.