ニュース
» 2019年08月07日 15時00分 公開

医療技術ニュース:優しさを伝える介護技術の習熟度をAIで評価する手法を開発

京都大学をはじめとする共同研究グループが、認知症の介護において優しさを伝える介護技術「ユマニチュード」のうち、目線の使い方などの「見る」技術をAIで評価する手法を開発した。

[MONOist]

 京都大学は2019年7月11日、認知症の介護において優しさを伝える介護技術「ユマニチュード」のうち、目線の使い方などの「見る」技術をAI(人工知能)で評価する手法を開発したと発表した。九州大学、東京医療センターとの共同研究による成果だ。

 今回の研究では、ユマニチュードの初心者、中級者、熟練者それぞれについて、介護動作中の目線や頭部の動きを頭部装着カメラで撮影。その後、顔検出技術やアイコンタクト検出技術により、アイコンタクトの成立頻度や頭部の姿勢、距離などを検出した。

 その結果、介護者の習熟度によって、アイコンタクト成立頻度や顔間の距離、顔正対方向の角度に大きな差があることが分かった。

 14人の介護者のデータを統計的に分析処理したところ、初級者と中級者、熟練者の間に明らかな境界が見られた。これにより、介護者の動作スキルをAIで評価できる可能性が示された。つまり、介護で重要なコミュニケーション要素である「見ること」の定量化に成功した。

 見ることの定量化は、介護技術の学習者が自分のスキルを振り返ったり、介護技術を向上したりするのに活用できる。研究グループは、これを国内の大学に展開し、医療、看護系学生のセルフトレーニングに活用する実証実験を計画している。

 優しさを伝える介護技術ユマニチュードは、日本でも病院や介護現場を中心に導入が広がりつつある。しかし、同技術は人対人による訓練のみで習得するため、多くの人に確実に伝えるのは難しかった。今回の研究成果を生かした、「優しい介護」のコミュニケーションスキルを多くの人が学べるシステムの確立が期待される。

photo 研究の概要(クリックで拡大) 出典:京都大学
photo a:データ計測の様子、b:頭部装着カメラと映像録画、c:頭部装着カメラによる映像(一人称視点映像)と顔検出結果(クリックで拡大) 出典:京都大学
photo 左:データ解析の結果。赤丸が初学者、青と紫が中級者、緑が熟練者を表す。右:左図から得られたデータ領域。ここから学習者のスキルレベルが推定できる(クリックで拡大) 出典:京都大学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.