ニュース
» 2019年08月08日 13時00分 公開

3Dプリンタニュース:AIによる写真解析と3Dプリンタを活用したオーダーメイドインソール

ジャパンヘルスケアは、AIによる写真解析と3Dプリンタを活用したオーダーメイドインソール「HOCO」を発表した。ユーザーがスマートフォンで撮影した写真をAIが解析し、3Dプリンタでそれぞれの足に合ったインソールを作製する。

[MONOist]

 ジャパンヘルスケアは2019年7月22日、AI(人工知能)による写真解析と3Dプリンタを活用したオーダーメイドインソール「HOCO」を発表した。クラウドファンディングで支援を募集し、リターンとして初期製品200足を提供する。

photo オーダーメイドインソール「HOCO」 出典:ジャパンヘルスケア

 HOCOは、ユーザーがスマートフォンで撮影した写真をAIが解析し、3Dプリンタでインソールを作製するサービスとなる。足の写真を自宅や病院で撮るだけで、硬く機能性のあるカスタムインソールが自宅に届く。

 トップカバー、クッション、シェル(3Dプリンタで作製する足型で、インソールの土台となる素材)の3層で構成され、それぞれの足に合わせて素材をカットし、加工して完成させる。クッション部分は、整形靴で知られるドイツから良質な素材を取り寄せている。アレルギーテストを実施済みで、肌が弱くても皮膚トラブルなどが起こりにくい材質を使用している。

photo 製作の流れ 出典:ジャパンヘルスケア

 足に触れるトップカバーには、耐久性および調湿性に優れ、耐菌性や防臭性も高い日本の和紙を使用。天然素材の和紙の特性が、靴のムレない、におわないにつながる。

 クラウドファンディングでは、リターンとして、インソール、『あしのことBOOK』、足の遠隔相談、パーソナルレッスンなどを用意する。募集期間は同年9月20日まで。集めた支援金は、リターンインソールの原材料費などの他に、発注システムや生産システム構築費に充てる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.