ニュース
» 2019年08月08日 09時30分 公開

キャリアニュース:RPAエンジニアの開発経験が多いツールは「UiPath」と「WinActor」

RPAエンジニアのプラットフォーム事業などを展開するPeaceful Morningが、RPAエンジニアの開発経験に関する調査結果を発表した。開発経験が多いツールの1位は「UiPath」、2位は「WinActor」で、この2ツールで全体の約7割を占めた。

[MONOist]

 RPA(Robotic Process Automation)エンジニアのプラットフォーム事業などを展開するPeaceful Morningは、2019年7月31日、RPAエンジニアがどのような開発経験を持つかについてのデータを公開した。

 このデータは、同社が提供するサービス「RPA HACKフリーランス」に登録しているRPAエンジニア100人の回答をまとめたものだ。RPA HACKフリーランスは、企業にエンジニアを紹介するなどして、企業のRPA人材不足や、エンジニアが自分らしく働く上で法人、個人それぞれが抱える課題を解決することを目的としている。

最も開発期間の長かったツールは「UiPath」

 100人のRPAエンジニアに、これまでで最も開発期間の長かったRPAツールを尋ねたところ、「UiPath」(35%)がトップとなった。続いて、「WinActor」(32%)、「BizRobo!」(13%)となり、日本国内で導入社数が多い「UiPath」と「WinActor」の2ツールで、全体の約7割を占めている。残りの「その他」(20%)を見ると、「Blue Prism」「Automation Anywhere」「WinAutomation」などのツールが含まれていた。

photo RPA HACK登録者100人の開発経験のあるRPAツール(クリックで拡大) 出典:Peaceful Morning

 なお、最近、RPA HACKフリーランスに登録したRPAエンジニアには、開発経験のあるRPAツールが2種類以上と、複数のRPAツール開発経験を持つ人が多いという特徴があった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.