ニュース
» 2019年08月09日 09時00分 公開

製造IT導入事例:電子部品メーカーが「SAP S/4HANA」を採用、経営の可視化や製品別の損益把握に

SAPジャパンのERPスイート「SAP S/4HANA」を日星電気が次期経営基幹システムとして採用した。これにより日星電気は、経営情報の可視化や生産管理業務全体の見直しを図り、将来のデジタル改革に向け次期プラットフォームを構築する。

[MONOist]

 SAPジャパンは2019年7月25日、日星電気が次期経営基幹システムにSAPのERP(Enterprise Resource Planning)スイートの最新版「SAP S/4HANA」を採用したと発表した。同年6月から導入プロジェクトを開始している。

 高機能特殊電子部品や光ファイバー関連品を開発する日星電気は、IoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)などの最先端技術に柔軟に対応できる次期経営基幹システムとして、SAP S/4HANAの採用を決定した。

 SAP S/4HANAの導入により日星電気は、経営情報の可視化や製品群別の損益把握などが可能になる。国内外のグループ拠点間での需給調整、業務負荷や段取りを含めた短期生産計画を通して、生産管理業務全体の見直しも試みる。

 また、定型業務の自動化により業務効率を向上させ、従業員がより高付加価値な業務に従事できる体制づくりを目指す。さらには、将来のデジタル改革に向けて、先進的なデジタル技術を取り込める次期プラットフォームを構築する。

 導入に関しては、導入パートナーであるアビームコンサルティングが、SaaS型サービス「ABeam Cloud グローバル製販テンプレート」を活用してシステムを構築する。アビームコンサルティングは、経営管理の高度化に向けたロードマップの策定に始まり、業務プロセス改革、導入後のユーザートレーニング、内製化を目的としたIT部門人材の育成までを支援する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.