VR/ARが描くモノづくりのミライ 特集
ニュース
» 2019年08月15日 13時00分 公開

VRニュース:ゴンドラ作業中の墜落体験ができる安全教育用VRコンテンツを共同開発

積木製作とマサルは、安全教育用VRコンテンツ「ゴンドラ作業中の墜落体験」を発表した。本来は体験できないゴンドラでの被災をVRで体験できるなど、場所と時間を選ばない安全教育が可能になる。

[MONOist]

 積木製作とマサルは2019年7月24日、「安全体感VR(仮想現実)トレーニング」の新コンテンツとして共同開発した「ゴンドラ作業中の墜落体験」を発表した。

photo VRコンテンツ「ゴンドラ作業中の墜落体験」のイメージ(クリックで拡大) 出典:積木製作

 積木製作が制作販売する安全体感VRトレーニングは、VRを使った安全教育プログラムで、2017年4月にシリーズ第1弾を発売。その後、約100社に導入されている。コンテンツは、現場の声を取り入れたリアリティーを持つプログラムとなるよう、ビルの改修やリニューアルを手掛けるマサルが監修している。

photo VRコンテンツ「ゴンドラ作業中の墜落体験」のイメージ(クリックで拡大) 出典:積木製作

 ゴンドラ作業中の墜落体験は、マサルが培ってきたゴンドラ作業における安全教育ノウハウとVR技術を融合することで、さらに効果的な体験教育が実施できるVRコンテンツだ。同コンテンツでは、本来は体験できないゴンドラでの被災をVRで体験でき、ゴンドラ使用時の安全点検をテスト化したVRコンテンツにより、場所と時間を選ばない安全教育が可能になる。

photo VRコンテンツ「ゴンドラ作業中の墜落体験」のイメージ(クリックで拡大) 出典:積木製作

関連キーワード

VR | バーチャルリアリティ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.