ニュース
» 2019年08月15日 10時00分 公開

ロボット開発ニュース:卓上サイズの学習用図形描画ロボットを発売

ヴイストンは、卓上サイズの学習用図形描画ロボット「ナノローバー」を発売した。プログラミングや数学などの学習ツールとしての活用を見込む。

[MONOist]

 ヴイストンは2019年7月25日、卓上サイズの学習用図形描画ロボット「ナノローバー」を発売した。価格は4万円(税別)。プログラミングや数学などの学習ツールとしての活用を見込む。

photo 学習用図形描画ロボット「ナノローバー」(クリックで拡大) 出典:ヴイストン

 ナノローバーは、新たに開発された専用ソフトウェア「nanoRoverMath(ナノローバーマス)」に数式を直接入力することで、数式がそのままグラフとして紙面に描画される。ソフトウェア上で速度や加速度、移動距離などを指定して動作させることも可能だ。

photo 「nanoRoverMath」メイン画面(クリックで拡大) 出典:ヴイストン

 筐体にエンコーダー付きギヤードモーターを内蔵し、描画用のペンを保持する部分にはペンのアップダウン機構を装備。nanoRoverMath以外に、「Arduino IDE」を用いたプログラム開発及びROSデバイスとしての制御にも対応している。通信方式はUSB、Wi-Fi、Bluetoothに対応する。

photo 「ナノローバー」の図形描画イメージ(クリックで拡大) 出典:ヴイストン
photo Arduino IDE 開発画面(クリックで拡大) 出典:ヴイストン

 サイズは66×69×95mmで、重量は電池搭載時で約169g。単3アルカリ乾電池2本もしくは単3Ni-MH充電池2本で駆動する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.