連載
» 2019年08月19日 10時00分 公開

はじめてのジェネレーティブデザイン(1):「Fusion 360」のジェネレーティブデザイン機能を使ってみよう (4/4)

[濱谷健史/VOST,MONOist]
前のページへ 1|2|3|4       

ジェネレーティブデザインの計算に必要な費用

 費用も重要な要素です。Fusion 360はクラウドベースのCAD/CAM/CAEシステムとなっていますので、使いたい人が、利用する分だけ「クラウドクレジット」を消費することで、ジェネレーティブデザインの計算が可能です。ジェネレーティブデザインを使おうと思ったとき、システムに何百万円、何千万円もかかってしまうと、なかなか気軽に使えませんが、Fusion 360では、クラウドクレジットを支払うことで安価で簡単に利用できます。

 以下、クラウドクレジットについてまとめておきます。

  • クラウドクレジット−100パック:1万7280円(税込み)
  • ジェネレーティブデザイン
      計算1回:25クレジット
      STL or スカルプトデータへのエクスポート:100クレジット


 さて、今回は「『Fusion 360』のジェネレーティブデザイン機能の使い方」を中心に解説しました。繰り返しになりますが、最新のコンピュータを利用した3Dデータ作成を、誰でも簡単に始められることをご理解いただけたかと思います。

 次回は「電動RCカーのバンパー部品」をジェネレーティブデザインで設計していく方法をご紹介します。お楽しみに! (次回に続く

筆者プロフィール

濱谷健史(はまたに たけし)

1982年京都生まれ。株式会社VOST 技術本部長。3D CAD/CAMベンダーで製造業向けにコンサルティングの経験を積んだ後、メーカーで新規事業の立ち上げに従事。3D CADを利用した機構設計や、マシニングを使った部品加工をしていた経験を生かし、現在はFusion 360を広めるための講演活動や、法人向けにテクニカルコンサルティングなどを行っている。





前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.